ニート、アル中、うつなどマイナス人生を歩いてきた弁護士のブログです。これから夢実現に向けて頑張ります。基本的に1日1回以上更新します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 夏が終わり、京都に戻った。
 講義中に発作が起こり、抑えるのに苦労したことも多々ある。
 あわてて、教室を出て薬を飲み、下宿で眠ることもよくあった。
 とにかく残った単位を取って、卒業することだけだった。
 引退したクラブの部室にもよく、顔を出した。他に行く場所がないからだ。同級生は就職し、卒業している。
 司法試験合格、キャリア官僚、有名企業に入社・・・。
 同じ教室で学んでいた友人は遠い所に行ってしまったようだった。
 酒も良く飲んだ。今までと違うのは、多少勉強したので、講義なんかも少しは面白く聞けたことだ。こんなことなら、もう少し早くやっておくんだった。
 ただ、卒業した後どうするかは全く考えていなかった。
 公務員試験は2度も落ち、自分に向いてないと考えるようになった。
 とにかく、一人で暮らすのは限界に達していた。
 祖父は、前の年の4月に他界していた。最後まで、酒を飲んで胃癌で死んだ。ものすごくやせ細って、叔母が看護師として勤める病院で亡くなった。葬式は、誰一人泣く者はなく、みんなで、何日も酒を飲んで、陽気に騒いだ。アル中が死んで悲しむ者はいない。それ以来、実家は憑き物が落ちたように明るくなった。
 あれほど、いやで出た家だが、これなら帰ってもいいと思った。
 必要な単位をとり、酒を飲んでためにためた家賃をバイトその他で返済した。
 結局、進路を決めないまま、5年間通った大学を卒業した。
 いろいろあったが、もう一度、福岡県庁を受験することになった。しかし、試験まで3ヶ月もない。
 酒を飲みながらも必死で勉強した。試験は、落ちた2回目のときよりも手ごたえはなかった。3度目の発表があり、不思議なことに合格していた。
 それからの半年は、本当に良く飲んだ。
 酒癖も悪くなり、酒を飲んではもどすようになった。全国に散った大学時代のクラブの友人に酔って電話をかけた。電話代が嵩んでよく親から怒られた。
 たまにパニック発作は起こったが、発作と発作の間隔は長くなり、だいぶ沈静化してきていた。
 4月になり、いよいよ公務員生活が始まった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanasuke2013.blog.fc2.com/tb.php/14-816b9470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。